病院で携帯電話の使用、どうするべき?

病院で携帯電話を使用するにはマナーが大切!

時代とともに変化してきた携帯電話の使用法

現在、病院における携帯電話使用についての規制はかなり緩和されてきましたが、その取り扱いは、通話をする場合とそれ以外とで異なっているようです。 ここでは通話をする場合について紹介していきたいと思います。 家族や勤務先に連絡をするときなど病院内で通話をするために守るべきマナーとはどのようなものでしょうか?

通話以外の使用についてはほとんど無制限!

メールやゲームなどの使用であれば一部のエリアを除いて、ほとんどの場所で使用が認められているようです。 しかし、今もなお病院での携帯電話使用はマナー違反だと考えている人たちも多いといいますから、緊急時を除いてはその場の空気を読んで必要があれば使用を控えておいた方がいいかもしれません。

病院で使用可能な医療用PHSの正体

医療従事者が使用している医療用PHSと一般の携帯電話には、そのような違いがあるのでしょうか? 一般的にはあまり見かけなくなったPHSですが、その特性と病院内で使用する際の条件について調べてみました。 廃れてしまったようなPHSが医療の現場で活躍していることは、素晴らしいことではないでしょうか。

病院内での携帯電話の使い方

携帯電話が登場してきた頃には、そこから発せられる電波が医療機器のような精密機器に影響を与えると言われて、使用が全面的に禁止されていました。
それは医療機関だけでなく飛行機の中などでも同じで、携帯電話の電源を切り電波が発生しない状態にしておくことになっていたのです。

それからしばらくすると、病院側で指定した通話可能区域内でだけ使用することが認められるようになっていったといいます。
しかし携帯電話に対する規制が緩和されてきたことにより、利用者のモラルの問題が問われることにもなってきました。
全面禁止ではなくなったことによって、呼び出し音や通話する声が迷惑だという意見や電波干渉が懸念されるといった意見が出てくるというのが病院側の悩みとなっていたようです。

さらに時は流れ、強力な電磁波を発すると言われていた第2世代の携帯電話サービスも終了しました。
その頃、総務省や大学教授、業界の知識人などによって構成された電波環境協議会が発表した携帯電話の使用についての指針を見てみると、スマホや携帯電話が進化して電波出力が低下したこと、医療機器自体の性能がアップしたことなどにより病院内であっても携帯電話の使用を禁止する必要はないという結論が出されているといいます。
これにより病院内で携帯電話の電源を切っておくように促すことはほとんどなくなりました。

しかし、医療機器が誤作動を起こしてしまうと直接人命に関わってしまうような手術室やICU、CCUなどなどのエリアでは携帯電話の使用が一切認められていないようです。